データ復旧・バックアップ 新着記事

  • Oracle Cloud + Azure が最適解になる可能性(クラウド相互接続開始)

    Microsoft(米)とOracle(米)の自身のクラウドサービス相互接続を発表したつまりは、AzureとOracle Cloudがお互いに接続されるということです マイクロソフト(米国)の発表記事https://news.microsoft.com/2019/06/05/microsoft-and-oracle-to-interconnect-microsoft-azure-and-oracle-cloud/ オラクル(米国)の発表記事https://www.oracle.com/corporate/pressrelease/microsoft-and-oracle-to-intercon…

    こしぞー

    こしぞーのひとり情シス

  • SBI証券で米国株ETF VTIを購入する方法(楽天VTIから本家VTIに乗り換える)

    つみたてNISAで楽天VTIを購入しているが、つみたてNISA枠外で本家VTIを購入したい SBI証券で米国株式ETF VTIを購入する方法 日本円→米ドルに変換する方法(SBI証券&住信SBI銀行) 住信SBIネット銀行 → SBI証券にドルを送る SBI証券で米国株式ETFを購入する方法 関連記事です つみたてNISAによる米国株式投資信託の購入は結構メジャーな方法になってきましたこれはつみたてNISA制度開始前には見られなかった現象です その中でも人気を得ているのが 楽天全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI) eMAXIS Slim米国株式(S&P500) の2つですSBI証券投資…

    こしぞー

    こしぞーのひとり情シス

  • Oracle DB を Auzreで利用する場合のライセンス(Azure と AWS 両方について記載)

    Oracle Databaseライセンスは調べることが非常に困難です。オラクル社自体「Oracleのライセンスポリシーは具体的な説明は無い」と表明しており「Oracleのライセンスについての基本的な考え方のみを示すので、基本的考えを理解して応用的実装時のライセンス数を計算すること」というスタンスを昔から取り続けています 仮想化に対するライセンス計算も「基本的な考え方を示す」のみで仮想化構成の具体的な必要ライセンス数については、オラクル社としては未だに提示していません。 クラウドもしかりです今回はそのクラウド上でOracle Databaseを動作させる際に必要になるライセンスについて記載します…

    こしぞー

    こしぞーのひとり情シス

  • RAIDの本体が破損してデータが開けない時に復旧するには?

    RAID(レイド)の外部ケース本体が故障した時に、内部のハードディスクドライブに保存されていたデータファイルを読み込みして救出することはできる?という疑問についての解説ページです。

    データ復旧 ガイド

    データ復旧ポート:PC・HDDファイルの復元方法

「IT技術ブログ」 カテゴリー一覧